総量規制

総量規制

キャッシングを利用するときは総量規制というものがあります。

 

これは、「貸金業者が年収の3分の1までしか貸し付けることができない」というものです。

 

貸金業法によって規制されているものなので、消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用するときが対象となります。

 

ですので、銀行は貸金業者ではないので総量規制の対象外となっています。

 

この総量規制の背景には多重債務の問題があります。

 

そのため、借り過ぎを防ぐためにこのような規制が施行されました。

 

2010年のことです。

 

さて、年収の3分の1を把握するために収入を証明する書類の提出が必要になります。

 

源泉徴収票、確定申告書の控え、所得証明書などが必要になります。

 

また、信用情報機関の登録情報をみて複数の借入れがあるかどうかもチェックされますので、申込時に記入する数字には間違いのないように注意しましょう。

 

年収の3分の1までというのも法律上の基準ですので、自分の収入と支出を考えて、自分が借りられる額はどれくらいか?を把握しておくことが大切です。

 

ということで、キャッシングは便利なものですが、借りる過ぎると返済に困ることになりますので、くれぐれも借りすぎのないように注意しましょう。

 

年収

関連ページ

担保・保証人不要
キャッシングは担保・保証人が不要なので、申し込みがしやすいのが特徴です。急な出費でお金が必要なときに、担保・保証人の用意がいらないからこそ、使い勝手がいいのです。
返済方式
キャッシングの返済方式の主なものを理解しておくことで返済額を把握することができます。キャッシングの返済方式の特長を知っておくと、できるだけ早期に返済する目処をつけることも可能となります。
必要書類
キャッシングの必要書類には何があるのかを事前に知っておくと便利です。必要書類の提出ができなければ、キャッシングを利用することはできませんので何が必要かを理解しておきましょう。
金利の見方
キャッシングを利用するときは金利の上限をチェックするようにしましょう。キャッシングを初めての利用の場合などは上限の金利があるいはそれに近いものが適用になるのが一般的です。
審査
キャッシングの審査ではどのようなことが調べられるか?とか、キャッシングの審査がスムーズに行われるにはどうすればいいのか?などを理解すれば審査に対する意識も変化していきます。
信用情報
キャッシングを利用するときには必ず信用情報が活用されます。また、キャッシングの利用によって信用情報機関にその情報が登録されますので、自分の情報を事前に開示請求するという方法もあります。
金利
キャッシングの金利について、利用するときに気になることなのでその意味などを理解しておくことが大切です。キャッシングにおける金利は貸す側にも借りるに側も重要なものです。
無担保・無保証人
キャッシングを無担保・無保証人で借りることができると便利です。実際に利用するときはほとんどが無担保・無保証人ですので、キャッシングは利用しやすいものとなっています。
キャッシングの種類と特長
キャッシングの種類にもいくつかあります。それぞれの特長をつかんでキャッシングの便利さを有効に活用しましょう。また、種類が違っても基本は使い道自由となっています。
職業
キャッシングの申込時に記入する職業に何を書けばいいか迷うことがあります。キャッシングを利用するときは安定した収入があることが条件ですので、そのためにも職業を書くことは大切です。
ローンとは
キャッシングはローンというイメージがあります。キャッシングを利用するときに耳にする言葉としてローンはよくあります。その意味は貸すことであって、すでにこの言葉は日本語になっています。
安定した収入
キャッシングでは安定した収入を得ていることが利用条件となっています。ですので、キャッシングの申込みをするときは安定した収入があるという意味を理解する必要があります。
時間帯によって
キャッシングの申込みする時間帯によっては翌営業日扱いになることもあります。つまり、キャッシングの申込みから利用までに必要な時間を逆算すれはギリギリの時間帯がわかってきます。
プライバシー
キャッシングを利用するときにプライバシーのことが気になります。そこで、キャッシングにおけるプライバシーについて郵便物や在籍確認などを一般的なことが書いてあります。
追加融資
キャッシングの追加融資が必要なときは過去の利用履歴が重要になってきます。また、キャッシングの返済に追加融資するのは絶対に避けましょう。追加融資を利用するときは十分な収入を確保しておくことが大切です。
満足するために
キャッシングを満足して利用するためにはオペレーターの対応が重要になります。ですので、キャッシング各社の相談窓口で疑問や不安なことについて聞いてみましょう。そこで満足してから申込むという方法もあります。
キャッシングの意味
キャッシングの意味を理解しておくことは、返済時の利息負担を理解することに役立ちます。つまり、キャッシングはお金を借りるという意味で使われることを知っておくことが大切です。
キャッシングの使い道
キャッシングの使い道を明確にしておくことが大切です。キャッシングを利用するときは何のために使うかという使い道がはっきりしていると利用額も決まってくるし、返済のこともをしっかりと考えることになります。
流れを知る
キャッシングの申込みから利用までのことを理解しておくと、いつまでに何をどうすればいいかがわかるので、即日にお金を借りたいときなど、手順を知ると余計な不安もなくなります。