使い切ってしまう

使い切ってしまう

お金を使い切ってしまって「もう無い」というときにキャッシングを利用するという人がいます。

 

さて、この場合問題となるのはお金を使い切るということです。

 

将来に備えて少しは残しておくことができていれば、お金が無いことにはなりません。

 

しかし、何故かゼロになるまで使ってしまうことがあるものです。

 

人間の心理としてはあるもの全部を使い切ることで満足するのかもしれません。

 

確かに動物でもえさを残すことをあまりしないというのが普通です。

 

ところが、人間は考えて行動できるので蓄えていざというときのために準備をすることができます。

 

でも、一方では「宵越しの銭は持たない」という江戸っ子のような考え方もあるわけです。

 

いずれにしても、お金がないと困るのでキャッシングという便利で使いやすいものを利用するという方法があります。

 

もちろん、使いすぎないように必要最低限の額をできるだけ短い期間だけ利用することをこころがけることが大切です。

 

使う

 

給料を使い切ったら

給料日がまだなのに給料を使い切ってしまって、今月はピンチ!ということはよくあることです。

 

そこで、そんなときにどうやってしのぐか?と言えば、キャッシングを利用するという手があります。

 

さて、キャッシングといえば、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠利用があります。

 

そこで、クレジットカードを持っていて、キャッシング枠があればATMで引き出すことができます。

 

但し、一括返済だと翌月か翌々月にまとめて返済しなければなりません。

 

また、リボ払いだと毎月一定額を返済していくことになります。

 

もしも、クレジットカードのキャッシング枠がない場合には、枠を増額する申請をクレジットカード会社にお願いしてみましょう。

 

ところで、消費者金融だと申し込みからお金を引き出すまでにかかる時間が1日以内ということも可能です。

 

つまり、朝申込んで夕方にはお金を引き出すことができるというわけです。

 

また、返済は月々の分割となります。

 

このように、いつでもどこでも利用できるというのが消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠利用といえます。

 

キャッシングは使い方によっては便利なものとなる一方で、生活の負担となるケースもあります。

 

利用する時は毎月の返済が生活費を圧迫しないようにしましょう。

 

給料

関連ページ

とりあえず
キャッシングはとりあずお金が必要なときに利用できる便利なものです。キャッシングを利用する理由の中に「とりあえずお金が必要になったから」というのがあるほど、ちょっと必要なときに使える便利なものです。
借りる理由
キャッシングでお金を借りる理由の多くは「知られずに簡単に小額から利用できる」というが多くあります。キャッシングはいつでもどこでも利用できるので、借りる理由としてはそれほど深刻なものは多くないようです。